メンズ

監視カメラの形は目的に応じて使い分けができる

トラブルの種類

玄関

ドアノブは日頃からよく使う部分です。ここが故障してしまうと閉じ込められてしまう危険性もあるのです。ちょっとした違和感を感じたらドアノブ交換や修理を考えましょう。専門家に相談するといいでしょう。

この記事を読む

依頼先は主に3つある

南京錠

故障やセキュリティー向上で鍵交換を行なう場合、一番頼れるのはやはり鍵屋さんでしょう。大家さんや管理会社へ連絡することもできますが、あまり鍵に関して詳しくありません。何でも屋さんでも請け負ってますが、知識量でいえば専門家が安心です。

この記事を読む

鍵の交換や修理だけじゃない

カギ

ドアが開かなくなったときに頼れるのが鍵屋さんです。24時間対応しているところも多く、すぐに駆けつけてくれます。また、鍵屋さんは鍵の交換だけでなくドアに付いているノブやドアクローザーも交換してくれます。

この記事を読む

ボックス型とドーム型

防犯カメラ

街でもよく見かけるようになった物といえば監視カメラでしょう。商店街やデパート、コンビニや飲食店など様々なところに監視カメラがあります。監視カメラの映像はテレビでもよく取り上げられており、犯罪の捜査の大きな手がかりとしても使われているのです。また、町や建物だけに監視カメラがあるわけではありません。最近はバスやタクシーにもカメラが取り付けられています。衝撃映像の特集番組でも車のカメラの映像がよく使われます。このように様々な場所で監視カメラが活躍しているのです。防犯用として自宅の玄関に取り付ける人も増えています。
監視カメラといってもその形状には様々なタイプがあります。まず、街でよく見かける四角い箱型のものをボックスカメラといいます。このボックスカメラの特徴は解りやすいということです。解りやすいということは見られているという意識が高まります。そのため、犯罪の抑止力になるのです。手頃なものなら1万円以下から購入ができるので、自宅の防犯用に最適でしょう。ボックスカメラの中にはとても高性能なカメラもあります。18倍のズームが可能だったり、赤外線付きでくらい場所見えたり、カラーが綺麗だったりというような性能があります。飲食店やデパートでは丸いドーム型カメラが人気です。これはボックスカメラとは違い目立たないように作られています。カメラを意識せずに買い物やご飯が楽しめるという利点があります。また、火災報知機と一体になっているものもあるのです。

Copyright© 2016 監視カメラの形は目的に応じて使い分けができる All Rights Reserved.